『若き生産者のクリーンでマイルドなブルボン種』

 

カザーナコーヒーに初めて『フェスパ農園』のコーヒーが届いたのは2015年。

初めての「ペルー」産のコーヒーとの出会いでもありました。

今回、久しぶりに入荷したこのコーヒーと向き合って、当時、若干24歳の青年だった「ウィルダー ガルシア」氏が手掛けたというコーヒー豆を手に取り、口にして、すごい生産者がペルーに現れたのだな、と思った記憶が蘇ってきました。

 

ウィルダー氏は18歳の時に輸出会社が主催した農園指導員研修に自らの希望で応募し、農園管理について学びました。

「コーヒーの樹は切らない」=「剪定をしない」という今まで信じられていた古い慣習や、セミナーや指導だけでは実践に踏み切る農家が少ない中、「剪定」や「施肥」「植樹」「シェードコントロール」「収穫から乾燥をどのように行うか?」など学んだ内容、技術を実家のフェスパ農園の2代目の父親から与えられた1ヘクタールの試験的な農地から実践を開始し、生産性・品質双方で飛躍的な向上を遂げました。

 

現在ではウィルダー氏が農園指導員として活躍するとともに、フェスパ農園をモデル農園として開放し、他の生産者が直接訪問し学べる場所としているそうです(村の集落から徒歩で約40分も急勾配の上り下りを歩かなければならないそうですが...)。


知識と実績から、200軒もの農家を担当する程の高い評価と信頼を得ているそうです。

 

とてもクリーンで、異なるロースト度合で様々な表情を見せてくれるフェスパ農園のブルボン種、今回も中程度(シティ)、深め(フレンチ)と異なる2種類のローストを施し、ブレンドすることで風味の幅を拡げ、奥行きを持たせた仕上がりを目指しました。

「1.Enero」で取り扱ったグァテマラ「サンタ カタリーナ」のブルボン種と比較すると、同じブルボン種でも風味、表情の違いが感じられたり、ブルボン種ならではの共通点が見えてきます。

このペルー「ウィルダー ガルシア」氏が手掛けたブルボン種、とてもマイルドなコーヒーで、飽きの来ない、ずっと呑んでいたいような柔らかさ、バランスの良さが感じられます。

 

"Perú" - "Finca Fespa"

Producer : Wilder Garcia
Region : Huabal, Jaén, Cajamarca
Altitude : 1,700 ~ 2,000 m
Cultivate : Bourbon
Processing : Washed

ペルー 「フェスパ農園/ウィルダー ガルシア」ブルボン種

¥780価格
State
    Khazana Coffee
    カザーナコーヒー
    営業時間:10:00 〜 18:00
    定休日:毎週月曜日
    営業予定を確認する
    〒192-0066 八王子市本町2-5-1F
    Phone : 042-649-7230
    info@khazana-coffee.com

    ©2019 by Khazana Coffee All Rights Reserved.