top of page

「ペルー南部の高品質マイクロロット!」

 

ペルー南部の優良産地「プーノ」にあるサンディア、イナンバリ渓谷にある「サンタ バルバラ農園」を営む「ファン キージャ ラウラ」氏のマイクロロットを浅煎りでご準備致しました。

 

とてもクリーンで滑らかな質感、コロンビア(ナリーニョ)産を想起させる明るい柑橘系のフルーティな風味、しっかりとしたボディ、柔らかな甘味が感じられる余韻が特徴です。

 

「サンディア地域について」

もともと標高3800m近辺のチチカカ湖近郊に住んでいたアイマラ族が1930年代にラニーニャ現象の影響を受け、サンディア渓谷地域(標高1800m)に移住した事がこのエリアのルーツとなります。
コーヒーの栽培についてもボリビアのユンガス地域で働いていたアイマラ族の労働者が植えたとされています。
そのためサンディアにおけるコーヒー生産はペルーの他地域とは出自が異なり、栽培方法や品種等はボリビアから伝播してきたそうです (北部カハマルカや中部のチャンチャマヨはコロンビアより伝播してきています)。

 

抽出メモ
Roast Level:Medium Roast(浅煎り)
ex. 28g (粗め)for 200cc(180cc 抽出後に20ccを加水)

 

"Finca Santa Barbara"

Producer : Juan Quilla Laura
Region : Inambari Valley, Sandia, Puno
Altitude : 1,760 m
Cultivar : Bourbon & Caturra
Processing : Washed

ペルー(プーノ)「フアン キージャ ラウラ」(ブルボン&カトゥーラ品種)

¥972価格
消費税込み
Roast Level: Medium(浅煎り)
    bottom of page