「柔らかなでマイルドなペルー産のブルボン品種!」

 

これまでにカザーナコーヒーではグァテマラやホンデュラス、タンザニアのブルボン品種のコーヒーをご紹介して参りましたが、2021年7月は南米、ペルー屈指の若き生産者「ウィルダー ガルシア」氏が手掛ける「フェスパ農園」のブルボン品種をご紹介致します!

 

クリーンさ、甘みある豊かな風味とボディ、滑らかな質感、余韻に感じられる香り、全体的に丸みのある柔らかな印象が感じられる本ロット、今回は深めのローストを中心に少し深煎り寄りの中程度のローストを少々配合し、豊かな香味が感じられるマイルドな仕上がりに致しました!

今月は是非、ウィルダー ガルシア氏のコーヒーをお愉しみください。

 

「生産者とフェスパ農園について」

ウィルダー氏は18歳の時に輸出会社が主催した農園指導員研修に自らの希望で応募し、農園管理について学びました。

「コーヒーの樹は切らない」=「剪定をしない」という今まで信じられていた古い慣習や、セミナーや指導だけでは実践に踏み切る農家が少ない中、「剪定」や「施肥」「植樹」「シェードコントロール」「収穫から乾燥をどのように行うか?」など学んだ内容、技術を実践し生産性の改善を行おうと父親のOracio氏に相談したところ当初は父親に激怒されてしまったそうです(樹を切るとは何事だー!的な?)。話し合いの末、1haを試験的に実施し効果を確認できた後に農園全体に対し行うことを実現しました。

結果、生産されたコーヒーの品質は目に見える形で向上し、現在、ウィルダー氏は農園指導員として活躍するとともに、フェスパ農園をモデル農園として開放し、他の生産者が直接訪問し学べる場所としているそうです(村の集落から徒歩で約40分も急勾配の上り下りを歩かなければならないそうですが...)。


ウィルダー氏は知識と実績から、今や200軒もの農家を担当する程の高い評価と信頼を得ています。

地域の品質向上に貢献もしている頼もしい生産者でもあります。

 

抽出メモ
Roast Level:City + French Roast(中煎り + 深煎り)
ex. 23g (中挽き) for 200cc

 

"Perú" - "Finca Fespa"

Producer : Wilder Garcia
Region : Huabal, Jaén, Cajamarca
Altitude : 1,700 ~ 2,000 m
Cultivar : Bourbon
Processing : Washed

ペルー(カハマルカ)「フェスパ農園/ウィルダー ガルシア」ブルボン品種

¥800価格
100 g