『ナリーニョの優れた高標高産のマイクロロット!』

 

カザーナコーヒーには毎年、コロンビア各地のトップクラスのコーヒーが入荷してきます。

同じコロンビアのコーヒーと言っても「ウィラ」「ナリーニョ」「カウカ」「トリマ」etc...地域によって、また地域の中でも異なる環境、生産者によって異なる個性が感じられます。

 

こちらのコーヒーはナリーニョの優良産地「ブエサコ」地域屈指の生産者「フランコ ロペス」氏が営む「ラ ミーナ」農園のマイクロロットです。

ローストは、果実味が感じられる爽やかな印象の「City(中煎り)」と、厚みのあるボディ、しっかりとしたコクが感じられる「French(深煎り)」を配合し、バランスを整え、マイルドな仕上がりを目指ししています。

抽出の際、挽き目によっても様々な表情がお愉しみ頂けます。

少し粗めに挽けばすっきりとした軽やかでフルーティな仕上がりが、やや細かめの挽き具合ではチョコレートの様なニュアンスが余韻に感じられます。

 

フランコ氏はカトゥーラ品種を中心に約35,000本ものコーヒーの樹を栽培しています。

火山性の肥沃な土壌に加え、2,000m前後の高標高にある環境から「豊かな風味」と「厚みのあるボディ」を兼ね備えた優れた品質のコーヒーが生まれてきます。

一般的には、ここまで標高が高いと夜間の厳しい冷え込みなどの理由でコーヒー栽培は難しいと言われますが、ほぼ赤道直下にある「ナリーニョ」では日中に温められた空気が谷から登り、夜間の霜からコーヒーを守ってくれています。

 

またフランコロペス氏は精製処理を行う前に収穫後のチェリーの手選別を施しています。

とても手間のかかる作業で、この工程を行なっている生産者は多くはありません。

約35,000~40,000軒の小農家が存在する「ナリーニョ」のトップレベルの生産者による高品質で希少なマイクロロット、優れた気候環境で育まれ、丁寧な精製工程を経た高品質なコーヒー、初夏〜梅雨、夏〜の季節に是非、お愉しみください!

 

抽出メモ
Roast Level:City(中煎り)+ French(深煎り)
ex. 23g(中挽き) for 200cc

 

Finca La Mina

Producer : Franco López
Region : San Francisco La Florida, Nariño
Altitude : 1,950 〜 2,150 m  
Cultivar : Caturra
Processing : Washed

コロンビア(ナリーニョ) "フランコ ロペス" カトゥーラ品種

¥820価格
100 g