『爽やかさが感じられるサンタテレサのゲシャ品種!』

 

サンタマリア デ ドタの名門、ロヘル ウレーニャ氏が営む「サンタテレサ」マイクロミルから「ゲシャ品種(精製はウォッシュト)」の希少なロットが入荷致しました!

 

サンタ テレサ マイクロミルの最もユニークな点はウェットミル(精製施設)が農地よりも高い2,150mという高標高にあることです。高標高の気温の低さと高地に吹く風によりパーチメントの乾燥工程は天然のスロードライングとなり、風味の豊かさ、クリーンさに繫がっていると考えられます。

 

「華やかな香り」「爽やかな果実味」「瑞々しくエレガントな印象」が感じられる浅めのローストに仕上げています。

余韻(レトロネイザル)に表れる甘みある特徴的な香りはサンタテレサの代名詞のような気さえしてきます。

 

「高標高」×「品種」×「スロードライ」、ロヘル氏が手掛けたこのユニークなゲシャ品種のコーヒー、ドリップでの抽出は「粗め」に挽き、「抽出後の適量の加水」と共にスッキリとした仕上がりがお薦めです。

フレグランス(挽いた直後の香り)からアフターテイストまで、液体の温度変化と共に表れる様々な風味と表情をひと口、ひと呼吸ごとにお愉しみください!

 

「サンタ テレサ 2000」は2014年〜 稼働の新興のマイクロミルですが、コーヒー生産は
オーナーのロヘル氏の父の代から始まり、ロヘル氏自身も1976年(当時13歳)から父の手伝いを始め、生産に関わってきました。18歳の時には父からコーヒー農地を受け継ぎ、24歳の時には農地拡大の資金作りの為、アメリカに出稼ぎに行きました。帰国後、農地を拡大できたものの2000年のコーヒー危機に直面、「生産量」より「高品質」を大切にする方針に転換を図る為、自ら精製まで行い高品質なコーヒーが出来るマイクロミル設立を決意し、2014年にミルを設立しました。

現在は複数の農地に様々な品種を栽培し、息子さんと共により高品質なコーヒーを生産する努力を続けています。

 

サンタテレサ訪問時(2017年)の動画

https://www.khazana-coffee.com/post/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%80%8E%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%BF-%E3%83%86%E3%83%AC%E3%82%B5-2000%E3%80%8F

 

Microbeneficio Santa Teresa 2000
Producer : Roger Ureña(ロヘル ウレーニャ)
Region : Santa Maria de Dota, San José
Altitude : 1,970 〜 2,010 m
Cultivar : Gesha
Processing : Washed

コスタリカ(ドタ)"サンタテレサ 2000" ゲシャ品種

¥1,960価格